文化遺産オンライン

厚板 萌黄茶浅葱段亀甲七宝繋桐模様

あついた もえぎちゃあさぎだんきっこうしっぽうつなぎきりもんよう

作品概要

厚板 萌黄茶浅葱段亀甲七宝繋桐模様

あついた もえぎちゃあさぎだんきっこうしっぽうつなぎきりもんよう

染織 / 江戸

江戸時代・18世紀

丈153.0 裄71.5

1領

男性役で、法被(はっぴ)や狩衣(かりぎぬ)、側次(そばつき)といった上衣の下に着用する着付の小袖の一種。上衣を肩脱ぎにすることが多いことから、江戸時代中期以降、華やかな模様が織り出されるようになった。七宝繋や亀甲繋のような有職文に踊り桐文を表わした宮廷貴族風のデザイン。

厚板 萌黄茶浅葱段亀甲七宝繋桐模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / / Noh / 織る

関連作品

チェックした関連作品の検索