文化遺産オンライン

『まつばらいろはかるた』絵札「りりしきは 阿保親王と 人したう」

『まつばらいろはかるた』えふだ「りりしきは あおしんのうと ひとしたう」

作品概要

『まつばらいろはかるた』絵札「りりしきは 阿保親王と 人したう」

『まつばらいろはかるた』えふだ「りりしきは あおしんのうと ひとしたう」

絵画 / その他 / その他の美術 / その他 / 昭和以降 / 大阪府

水田惠津子  (1953-)

みずたえつこ

平成27年/2015

コートボール紙・印刷

縦9.5cm×横7.0cm

1枚

大阪府松原市

未指定

松原市の市制施行60周年を記念して発行された『まつばらいろはかるた』の47枚ある絵札のうち「り」の札。
阿保親王は、51代平城天皇の第2皇子で、在原行平、業平の父としても有名である。最初、大和に居住していたが、大同4年(809)、薬子の変により政界を去って、承和元年(834)頃、市域の阿保に移住したと伝える。親王は阿保の地が水利の便が悪く、干害に悩む農民のために池を造り、農業をすすめたという。

関連作品

チェックした関連作品の検索