文化遺産オンライン

『まつばらいろはかるた』絵札「織りつづく 木綿の技術 金網に」

『まつばらいろはかるた』えふだ「おりつづく もめんのぎじゅつ かなあみに」

作品概要

『まつばらいろはかるた』絵札「織りつづく 木綿の技術 金網に」

『まつばらいろはかるた』えふだ「おりつづく もめんのぎじゅつ かなあみに」

絵画 / その他 / その他の美術 / その他 / 昭和以降 / 大阪府

水田惠津子  (1953-)

みずたえつこ

平成27年/2015

コートボール紙・印刷

縦9.5cm×横7.0cm

1枚

大阪府松原市

未指定

松原市の市制施行60周年を記念して発行された『まつばらいろはかるた』の47枚ある絵札のうち「り」の札。
松原の地場産業のひとつに金網製造業がある。現在、阿保地区を中心として金網の製造が行われるようになったのは、江戸時代から松原でも盛んであった河内木綿の栽培にあったようである。松原には明治末期から大正時代にかけて各地に織物工場ができていたが、河内木綿の需要が減少してきたこともあって、河内木綿の織機が金網の織機に利用されたようである。

関連作品

チェックした関連作品の検索