文化遺産オンライン

『まつばらいろはかるた』絵札「杜の島 鳥居が浮かぶ 弁天池」

『まつばらいろはかるた』えふだ「もりのしま とりいがうかぶ べんてんいけ」

作品概要

『まつばらいろはかるた』絵札「杜の島 鳥居が浮かぶ 弁天池」

『まつばらいろはかるた』えふだ「もりのしま とりいがうかぶ べんてんいけ」

絵画 / その他 / その他の美術 / その他 / 昭和以降 / 大阪府

水田惠津子  (1953-)

みずたえつこ

平成27年/2015

コートボール紙・印刷

縦9.5cm×横7.0cm

1枚

大阪府松原市

未指定

松原市の市制施行60周年を記念して発行された『まつばらいろはかるた』の47枚ある絵札のうち「め」の札。
河内天美駅東側ロータリーは、もともと池内の弁天池が水をたたえていた。池の真ん中に鳥居を建て、弁財天を祀る島があった。江戸時代は、地名をとって池内池と呼ばれていたこともあった。のち、杜がしげる島に水の神様である弁財天を祀るお社をつくったので弁天池と称されるようになった。今では、大半が埋めたてられたが、線路沿いに社殿を移して、弁財天を現在も信仰している。

関連作品

チェックした関連作品の検索