文化遺産オンライン

明楽寺山門

みょうらくじさんもん

概要

明楽寺山門

みょうらくじさんもん

宗教建築 / 江戸 / 近畿 / 滋賀県

滋賀県

江戸/1807

木造、瓦葺、間口5.1m

1棟

滋賀県長浜市木之本町木之本字古町936

登録年月日:20230807

明楽寺

登録有形文化財(建造物)

本堂の西方で参道に開く一間一戸の四脚門。切妻造桟瓦葺で、本柱は円柱、袖柱は角柱とし、腰貫、飛貫、頭貫で固める。組物は支輪を備えた出組、軒は二軒繁垂木とする。飛貫と頭貫の木鼻を彫刻で飾った華やかな山門で、伽藍と宿場の町並みの歴史的景観を構成。

明楽寺山門をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 山門 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索