文化遺産オンライン

木瓜形水滴

もっこうがたすいてき

作品概要

木瓜形水滴

もっこうがたすいてき

金工 / 鎌倉

鎌倉時代・13世紀

銅鋳造

1個

墨をする際、硯にわずかに水を注ぎ入れる。水滴はその水をたたえ、注ぐための器である。筆墨文化とともに中国からもたらされ、日本では奈良時代8世紀以降、江戸時代まで連綿と製作された。材質は銅など金属製が多くを占め、多様な造形が見どころである。

木瓜形水滴をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

水滴 / / Dropper / Water

関連作品

チェックした関連作品の検索