猿猴図目貫 えんこうずめぬき

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 江戸 

一宮長常
江戸時代・18世紀
赤銅容彫、色絵
1組
銘文:短冊銘 長常・(花押)

江戸時代の平和な時代になると、自由で工夫を凝らした刀装具が多くみられるようになった。一宮長常【いちのみやながつね】は意匠を写実的で軽妙に作る作風を得意とし、この目貫では父猿が餌を持ち帰り、子を抱く母猿がそれを食べる家族の姿を高度な彫金技法で愛らしくあらわしている。
(酒井元樹木氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

猿猴図目貫チェックした作品をもとに関連する作品を探す

枝垂柳猿猴透鐔
枝垂柳猿猴透鐔

東龍斎清寿

恵比須目貫
恵比須目貫

一宮長常

蟹目貫
蟹目貫

一宮長常

草花に虫図三所物
社頭旅人図小柄
社頭旅人図小柄

一宮長常

ページトップへ