文化遺産オンライン

耕作図屏風

こうさくずびょうぶ

作品概要

耕作図屏風

こうさくずびょうぶ

絵画 / 江戸

久隅守景筆

江戸時代・17世紀

紙本墨画淡彩

各155.7×345.0

6曲1双

種まき、田植え、秋の収穫など春夏秋冬の農作業の様子を描いた絵を四季耕作図という。権力者は民の苦労を偲び、自らを戒めるために所有した。守景は、多くの耕作図を描いたが、本作は、代掻き(しろかき)、脱穀などの情景とともに、養蚕(ようさん)の作業も描かれている。
(2005/09/13_h07)

耕作図屏風をもっと見る

久隅守景筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

守景 / 久隅 / 耕作 /

関連作品

チェックした関連作品の検索