敦忠集切 あつただしゅうぎれ

 / 平安 

伝藤原行成筆
平安時代・11世紀
彩箋墨書
1幅

藍と紫の飛雲を漉き込み、一面に雲母砂子を撒いた料紙を用いる。丸みを帯びた連綿と墨の濃淡を程よく配置した仮名である。もとは冊子本で藤原定家(1162~1241)が所持していたため、上部に定家による「勅」(新勅撰和歌集)の書き入れがある。本幅は益田家旧蔵。 ルビ:とびくも、す(き)こ(み)、きらすなご、ま(いた)、りょうし、れんめん、ふじわらのていか、

作品所在地の地図

関連リンク

敦忠集切チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集巻上(久松切)
村雲切
村雲切

伝寂然筆

和漢朗詠集断簡(法輪寺切)
古今和歌集 巻第四巻首(筋切)
和泉式部続集切
和泉式部続集切

伝藤原行成筆

ページトップへ