和同開珎 ワドウカイチン

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 

1括

昭和32年に金沢市南部の三子牛町の道路脇から露出していた和同開珎が545枚も採集された。銅銭は緒に通したままの状態で土器に入れられていたらしい。なぜ埋められていたのかは分からないが、一箇所で見つかった数としては最高である。開の字が「開」となっていることや珎が「寳」の略字であることなどが特徴である。 和銅元年(708)に初めて鋳造され、平城京造営の財源とされた。発行当初は1日の労賃が1文であったというが、そののちは価値が下落した。

作品所在地の地図

関連リンク

和同開珎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

周防鋳銭司跡
皇朝十二銭
本朝文粋巻第六
坂本龍馬・海援隊士書簡類
祇園会図壁掛
ページトップへ