六器「東寺」銘 ロッキ「トウジ」メイ

金工 / 鎌倉 

制作地:日本
鎌倉
1具

密教修法のさい壇の上に並べ、華や香を供えるための器で、鋺(わん)と台、六組で一具をなす。やや高めの高台や口があまり広がらない鋺の形状は鎌倉時代の特色を示す。外底に「東寺」の銘を刻むが、鏨(たがね)彫りのタッチは制作当時のもので、もと京都・東寺(教王護国寺)に伝来した法具であることは疑いない。最近その存在が知られた品で、鎌倉期まで遡る一具揃いの六器としてきわめて貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

六器「東寺」銘チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一面器
金銅五鈷鈴
金銅六器
雑筆集
牛皮華鬘
ページトップへ