八重だすき ヤエダスキ

 

1幅

和歌をたすき掛けのようにして、あらゆる方向から読むように配したもの。本幅の作者「藤原ねい子」は序文でこれを「八重だすき」と称する。 このような歌の遊びは平安時代後期から行われていたが、室町時代には衰退しており、「藤原ねい子」も人に頼まれ、記憶をたどりながらこれを書き上げたという。

作品所在地の地図

関連リンク

八重だすきチェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉
祇園会図壁掛
藤原忠通筆書状案
藤原兼輔像(時代不同歌合絵断簡)
芦手絵和漢朗詠抄〈藤原伊行筆/〉
ページトップへ