文化遺産オンライン

八重だすき

ヤエダスキ

作品概要

八重だすき

ヤエダスキ

1幅

和歌をたすき掛けのようにして、あらゆる方向から読むように配したもの。本幅の作者「藤原ねい子」は序文でこれを「八重だすき」と称する。 このような歌の遊びは平安時代後期から行われていたが、室町時代には衰退しており、「藤原ねい子」も人に頼まれ、記憶をたどりながらこれを書き上げたという。

八重だすきをもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

藤原 / 京都 / / 東山

関連作品

チェックした関連作品の検索