文化遺産オンライン

古染付網目魚文徳利

こそめつけあみめぎょもんとくり

作品概要

古染付網目魚文徳利

こそめつけあみめぎょもんとくり

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・17世紀

高16.8 口径4.3 高台径6.0

1口

太鼓形の胴に口と裾広がりの高台が付いた珍しい形の徳利。宴に用いる酒器である日本の太鼓樽(たいこだる)の形式に倣ったものであろう。型で成形され、前後で貼り合わされている。明末期に中国で流行した網目文様があらわされ、両面に魚が描かれている。(横山梓氏執筆)

古染付網目魚文徳利をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Ming / / 鎮窯 /

関連作品

チェックした関連作品の検索