文化遺産オンライン

祥瑞山水丸文酒呑

しょんずいさんすいまるもんぐいのみ

作品概要

祥瑞山水丸文酒呑

しょんずいさんすいまるもんぐいのみ

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・17世紀

高5.2 口径6.3 高台径4.8

1口

銘文:「福」青花銘

白色の精良な素地に祥瑞(しょんずい)特有の紫がかった華やかな発色の染付で細密な文様が描かれている。口縁に鉄釉を塗るいわゆる口紅が施されている。中国の景徳鎮窯において明時代末期の崇禎(すうてい)年間(1628~44)ころに日本の茶人向けに焼かれた。

祥瑞山水丸文酒呑をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

祥瑞 / / 鎮窯 /

関連作品

チェックした関連作品の検索