文化遺産オンライン

祥瑞茄子茶器

しょんずいなすちゃき

作品概要

祥瑞茄子茶器

しょんずいなすちゃき

陶磁 /

中国・景徳鎮窯

明時代・17世紀

磁製

高7.7 口径4.1 底径4.9

1合

下膨れの茄子形の胴に鮮やかな発色の染付(そめつけ)で朝顔の花が描かれている。朝顔を磁器の文様として取り上げた例は珍しく、蕾やしぼんだ花もあらわされている。おそらく日本からの注文により、中国の景徳鎮窯において薄茶器としてつくられたものであろう。

祥瑞茄子茶器をもっと見る

中国・景徳鎮窯をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鎮窯 / / / Jingdezhen

関連作品

チェックした関連作品の検索