稿本北山抄巻第十 コウホンホクザンショウマキダイ10

その他の画像全5枚中5枚表示

 / 平安 

藤原公任
制作地:日本
平安
紙本墨書
縦 30.3 cm 横 1279 cm
1巻
国宝

北山抄は1代の碩学とうたわれた藤原公任(966―1041)が、宮廷における年中行事や太政官の政務、国司に関することなど詳述したもので、稿本北山抄巻第十は、現存唯一の自筆草稿である。この紙背には文書25通があり、その中に2通、図版に見るような仮名の消息が収められている。この消息は表の稿本北山抄の内容などから、長保3年(1001)以前のほぼ6年間にできたものと推定され、10世紀末から11世紀初頭に草仮名の連綿体が発達していたことを物語る資料として、また仮名書状の現存する最も古いものとしてまことに貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

稿本北山抄巻第十チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日本書紀 巻第十残巻
稿本北山抄〈巻第十/〉
大毘盧遮那成仏神変加持経 巻第四
金字法華経巻第三
金剛般若経開題残巻
金剛般若経開題残巻

空海(弘法大師)

ページトップへ