文化遺産オンライン

森家住宅離れ

もりけじゅうたくはなれ

概要

森家住宅離れ

もりけじゅうたくはなれ

住居建築 / 大正 / 中国・四国 / 愛媛県

愛媛県

大正/1912~1918

木造平屋建、瓦葺、建築面積69㎡

1棟

愛媛県西条市氷見字上町丙658-2

登録年月日:20230807

登録有形文化財(建造物)

旧氷見町の旧家の隠居屋。主屋二棟の背後に繋がる入母屋造桟瓦葺の真壁造平屋建。内部は田の字型間取で、床構え付八畳間、下地窓を開けた四畳半茶室を備え、濡縁を巡らし瓦葺の庇を架ける。豪壮な瓦屋根外観の一方で、内部は長押を用いず質素な造り。

森家住宅離れをもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

愛媛 / 西条 / 瓦葺 /

関連作品

チェックした関連作品の検索