裏白笹蒔絵香盆 淀藩稲葉家伝来品のうち ウラジロササマキエコウボン ヨドハンイナバケデンライヒンノウチ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 

縦:13.5cm 横:21.0cm 高:2.4cm
1枚

稲葉家は、老中や京都所司代も輩出した京都の淀の大名家。その子孫から、三代将軍家光自筆という梟(ふくろう)の絵や武家女性の衣裳などとともに寄贈された漆器。香炉や香合を載せて用いる盆である。箱書きによればかつて銀製の香筋(きょうじ)が附属した。桑の木目を活かした拭き漆の地に本格的な蒔絵で、岩に竹と裏白を描き、背面は斑梨地(むらなしじ)にしている。

作品所在地の地図

関連リンク

裏白笹蒔絵香盆 淀藩稲葉家伝来品のうちチェックした作品をもとに関連する作品を探す

道中箸盃 淀藩稲葉家伝来品のうち
舟橋蒔絵酒盆
沃懸地松千鳥蒔絵十種香箱・火取香炉
梨子地木賊松葉蒔絵二重香箱
黒漆塗裏白南天譲葉蒔絵食籠
ページトップへ