貝尽くし蒔絵箱形徳利 カイヅクシマキエハコガタトックリ

その他の画像全5枚中5枚表示

漆工 

縦:11.3cm 横:21.3cm 高:6.5cm
1個

箱形の酒器。天板の一角に注ぎ口を設け、朱漆塗りの木製の栓をはめてあるが、当初は傾けると飛び出す金属製の注ぎ口がついていたかもしれない。おそらく重箱や盃とともに提げ手のついた枠に収める行厨(こうちゅう)(提重(さげじゅう))に組み込まれていたものだろう。金銀の蒔絵で古代から宝の象徴であった貝を散らした、おめでたい宴会用の酒器である。

作品所在地の地図

関連リンク

貝尽くし蒔絵箱形徳利チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅稲穂菊蒔絵提重
黒漆塗鉄線蒔絵提重
貝尽蒔絵提重
舟橋蒔絵酒盆
提重 笠文
ページトップへ