京名勝模様蒔絵提重 きょうめいしょうもようまきえさげじゅう

工芸  漆工 / 江戸 / 日本 

梶川の銘
かじかわのめい
日本
江戸時代/19世紀
蒔絵
高さ 29.7cm x 横 32cm x 奥行き 17.5cm
1組
神奈川県相模原市南区麻溝台1900
工芸
女子美術大学

作品番号:3401-0010
提重は、提枠・徳利一対・入角形徳利台・長方形四方造銘々皿10枚・入角枡形四方盆1枚・入角長方形与段重箱・朱漆蒔絵大小杯・入角型楊枝箱からなる。細密な蒔絵で京の名勝が表現されている。例えば重箱には「北天満宮」「大徳寺」「上鴨神社」「相國寺」「梅の宮」「嵐山」「下鴨神社」「比叡山」「銀閣寺」などの名勝が見られる。提枠にある梶川銘は将軍御抱えの印籠・蒔絵師の工房を指す。

旧カネボウコレクション

作品所在地の地図

関連リンク

京名勝模様蒔絵提重チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗鉄線蒔絵提重
貝尽蒔絵提重
梅稲穂菊蒔絵提重
染付龍濤文提重〈木米/〉
桜楓山水図蒔絵印籠
ページトップへ