貝尽蒔絵提重 かいづくしまきえさげじゅう

漆工 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1基

四段の重箱【じゅうばこ】と錫製徳利【すずせいとくり】一対、方盆【ほうぼん】・朱塗盃・銘々皿【めいめいざら】5枚などを収めている。提鐶をつけ、持ち運びができるようになっており、花見弁当とも呼ばれる形式である。その名の通り花見等の行楽や、観劇の際に用いられた。金銀の蒔絵で貝や海藻を描いており、行楽の調度にふさわしく、いかにも華やかな装飾である。

作品所在地の地図

関連リンク

貝尽蒔絵提重チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗鉄線蒔絵提重
京名勝模様蒔絵提重
貝尽くし蒔絵箱形徳利
葵紋蒔絵野弁当
提重 笠文
ページトップへ