Jar for Waste Water

Details

Jar for Waste Water

metalwork

15th–16th century

Copper alloy

高9.4 口径16.6

1口

銅と錫の合金からなる「砂張」の水指。古来仏具として日本でも親しまれた砂張であるが、15~16世紀になると飲食器として東南アジアや中国で普及し、新たに茶湯道具に取りあげられるようになった。この作品は端正な碗形が美しい。近代数寄者、原三溪旧蔵品。(三笠氏執筆)

Search by Jar for Waste Water

Search by Tokyo National Museum

Keywords

三笠 / / / 中国

Related Works

Search items related to work chosen