文化遺産オンライン

本覚寺手水舎

ほんがくじてみずや

作品概要

本覚寺手水舎

ほんがくじてみずや

宗教建築 / 昭和以降 / 関東

神奈川県

昭和前/1926~1945

木造、銅板葺、面積4.6㎡

1棟

神奈川県鎌倉市小町一丁目302-1

登録年月日:20221031

登録有形文化財(建造物)

本堂の東に位置する手水舎。桁行一間、梁間一間、切妻造銅板葺。四隅に几帳面取角柱を建て虹梁型頭貫を渡し、獏、唐獅子彫刻の木鼻を架ける。柱上は枠肘木を載せて虹梁を架け、欄間を龍や鳳凰の彫刻で飾る。小規模ながら質の高い彫刻で華やかに飾る手水舎。

本覚寺手水舎をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

手水 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索