文化遺産オンライン

梅石図

バイセキズ

作品概要

梅石図

バイセキズ

絵画 / 中国

制作地:中国

縦:132.2cm 横:47.6cm

1幅

戴礼は字を説用といい、石屏と号した。揚州に近い江蘇興化の人で、個性的な作風で注目を浴びた揚州八怪の陳撰、李ぜんに絵を学び、特に画梅にすぐれた。 本図は、縦長の石に寄り添って花を開く梅樹を墨のみで描き、傍らに天目山僧なる人物の九字の詩を書す。付記に、霊老なる人物の40歳の誕生日を祝い、揚州城北の宝定精舎内の自分のアトリエで仕上げたという。師事した李ぜんの構図・筆法を彷彿させるが、梅の艶かしさは陳撰に似る。

梅石図をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / /

関連作品

チェックした関連作品の検索