Jokyoshuu

乗興舟

Details

Jokyoshuu

乗興舟

絵画

1巻

伊藤若冲が相国寺の大典和尚と淀川下りをした折りの感興を絵画化したもの。ふつうの版画とは異なり、拓本をとるようにして作ったもので、当時としては知的でハイカラな感じがした。こうした拓版画を、若冲は冊子本の「玄圃瑶華」「素絢帖」などでも試している。

Search by Jokyoshuu

Search by 京都国立博物館

Keywords

若冲 / / Jakuchu / 国立

Related Works

Search items related to work chosen