文化遺産オンライン

京都ハリストス正教会生神女福音聖堂

きょうとはりすとすせいきょうかいしょうしんじょふくいんせいどう

作品概要

京都ハリストス正教会生神女福音聖堂

きょうとはりすとすせいきょうかいしょうしんじょふくいんせいどう

明治 / 近畿 / 京都府

京都府

明治/1903年

木造、建築面積219.56 ㎡、八角鐘楼付、銅板葺

1棟

京都府京都市中京区柳馬場通2条上る6丁目283番地

重文指定年月日:20220209
国宝指定年月日:

重要文化財

京都の市中に位置。明治36年の建築で、日本ハリストス正教会の本格的な木造聖堂としては現存最古の遺構である。装飾が少なく簡素ではあるが、特徴的なクーポルを戴き、鐘楼をくみあわせた均斉のとれた外観は美しく、ロシアから輸入された聖障(せいしょう)はみごとな意匠である。ハリストス正教会から提供された図面をもとに、京都府技師松室重光(まつむろしげみつ)が実施設計した経緯がわかり、我が国における教会堂の建設経緯が知られる貴重な事例となっている。

関連作品

チェックした関連作品の検索