文化遺産オンライン

姉弟

あねおとうと

作品概要

姉弟

あねおとうと

絵画 / 油彩画 / 大正 / 日本

関根正二  (1899-1919)

せきねしょうじ

1918年

カンヴァス・油彩

80.5×60.5

ひまわりを思わせる花々が咲き乱れる野辺と、そこにたたずむ子守の少女。近所に住む子供をモデルにしたというこの作品は、関根の幼い頃の記憶をもとにした、一種の構想画であると考えられています。少女が背負う赤子の、年齢の割に大人びた表情は、それが関根自身であることを暗示しているようです。しばしば<幻視の画家>と評されるように、関根正二の最晩年の作品には、幻想的かつ宗教的な性格が色濃く漂います。この『姉弟』では、過去の記憶をイコン(聖像画)のように封じ込めることで、彼の憧れたユートピア的世界が表現されており、彼の愛したヴァーミリオン(朱色)が、ここでも象徴的な役割を果たしています。

姉弟をもっと見る

関根正二をもっと見る

福島県立美術館をもっと見る

キーワード

関根 / 正二 / 悲しみ / しょうじ

関連作品

チェックした関連作品の検索