神の祈り かみのいのり

絵画  油彩画 / 大正 / 日本 

関根正二 (1899-1919)
せきねしょうじ
1918年頃
カンヴァス・油彩
68.2×40.8

草花の咲く野辺を、白い衣をまとった二人の女が歩いています。前を行く女は赤い花の咲く地面を指さし、後ろの女は赤い果実のようなものを掌に持っています。頭部には聖性を表す円光が輝いており、彼女たちがこの世の住人ではなく、関根の幻視の世界に生きていることがわかります。『神の祈り』という題名は、関根の没後につけられた可能性が強いが、彼独自の宗教的な感情をよく伝えています。死への憧れや女性への賛美に彩られた耽美的な世界が描かれた作品です。

作品所在地の地図

関連リンク

神の祈りチェックした作品をもとに関連する作品を探す

姉弟
姉弟

関根正二

信仰の悲しみ(関根正二筆 一九一八年/油絵 麻布)
婦人像
婦人像

関根正二

三星
三星

関根正二

読書する女
読書する女

ルノワール、ピエール=オーギュスト

ページトップへ