牛玉宝印 ごおうほういん

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代中期~後期
紙本墨刷
209点

 牛玉宝印は、護符と起請文の料紙という2つの機能を持ち、室町時代後期ころに字画の一部を烏形に装飾したことに始まる、「烏点宝珠」という特徴を持つ刷物である。熊野三山の牛玉宝印は、江戸時代中ごろまでに、現行の図様に変化したと考えられており、当館所蔵の資料も江戸時代中期以降のものである。文言は、本宮と新宮のものがいずれも「熊野山宝印」、那智が「那智瀧宝印」となっている。

作品所在地の地図

関連リンク

牛玉宝印チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松平家康起請文
熊野御幸図写
萪□私印
線刻阿弥陀如来鏡像
絹本著色 仏涅槃図
ページトップへ