書「活斎」 しょかっさい

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本  近畿 

華岡青洲 (1762-1835)
はなおかせいしゅう
江戸時代後期
紙本墨書
縦27.8cm,横51.5cm
1幅

 華岡青洲は、和漢蘭折衷の医法の実践をめざし、また麻酔薬の研究も行ない、文化元年(1804)に開発した通仙散という薬剤を全身麻酔に用いて、世界で初めての乳ガン摘出手術を成功させた。青洲は、診療所と家塾を兼ねた春林軒を那賀郡西野山村(現・那賀町)に開き、全国各地から門人が集まった。これは青洲自筆の書で、「活斎」とは「学舎に暮らす」という意味であろう。末尾に、「華岡震印」(白文方印)・「伯行」(朱文方印)が捺されている。

作品所在地の地図

関連リンク

書「活斎」 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

華岡青洲肖像
皇国名医伝
皇国名医伝

浅田宗伯

治験図巻
牡丹図
牡丹図

森蘭斎筆、梁田象水賛

双鶴図
双鶴図

渡辺鶴洲筆

ページトップへ