木戸孝允銅版画 きどたかよしどうばんが

銅版画 / 明治 / 東京都 

エドアルド・キヨソーネ (1832~1898)
えどあるど・きよそーね
東京都
明治20年8月/1887年
銅版印刷
縦74.2、横58.0(cm)
1枚
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

イタリア人銅版画家キヨソーネが描いた木戸孝允の肖像。当時、木戸家の当主であった孝正らの依頼により描かれた。この画像は明治20年(1887)、大蔵省印刷局が「内閣顧問勲一等贈正二位木戸公」と表示して発行した。キヨソーネは明治8年(1875)に日本に招かれたお雇い外国人で、西郷隆盛や大久保利通らも描いたことでよく知られている。

作品所在地の地図

関連リンク

木戸孝允銅版画チェックした作品をもとに関連する作品を探す

教導立志基 木戸孝允夫人松子
大日本海陸軍一覧
木戸孝允書簡
木戸孝允書簡

木戸孝允

第二回上野内国勧業博覧会ノ図
木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

ページトップへ