鈴屋大人像(本居宣長像) すずのやうしぞう もとおりのりながぞう

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

遥信
ようしん
江戸時代後期
絹本著色
縦121.0cm,横54.3cm
1幅

 本品は、寛政2年(1790)に製作された、本居宣長(1730~1801)の61歳自画自賛像(本居宣長記念館蔵、重要文化財)を忠実に模したものである。宣長の正装である鈴屋衣を着すが、その下の衣の色は本居宣長記念館本とは異なる。なお、賛などは省略されている。宣長は、紀伊徳川家9代藩主治貞のために『秘本玉くしげ』を献呈したり、松坂から和歌山へ赴いて、10代藩主治宝の御前で古典の講義を行うなどしている。

作品所在地の地図

関連リンク

鈴屋大人像(本居宣長像)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

本居大平像
本居大平像

金原白玉斎

本居宣長稿本類並関係資料 千九百四十九点
本居宣長肖像
本居宣長肖像

吉川義信

本居宣長旧宅<BR/> 同 宅跡
本居大平肖像
ページトップへ