羽子板(徳川豊姫所用) はごいた とくがわとよひめしょよう

工芸  その他 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代後期
板面金箔著色
縦42.0cm,横14.9cm
1点

 紀伊徳川家10代藩主・徳川治宝の娘で、11代藩主・斉順の妻となった豊姫(1800~45)愛用の品である。表裏とも胡粉置上などをほどこした上に金箔を貼り、表には内裏に集う公卿や女房たちの様子を、裏には小正月の火祭行事の一つである左義長を、極彩色で描いている。表裏とも、余白の亀甲文様の中に葵紋3顆を置き、また握りの部分には紅染の綾を巻いた、いかにも大名好みのものである。

作品所在地の地図

関連リンク

羽子板(徳川豊姫所用) チェックした作品をもとに関連する作品を探す

葵紋付左義長羽子板
徳川斉順帰国行列図
西浜御殿之図
書「瑞雲」 
書「瑞雲」 

徳川治宝

偕楽園御庭塗 堆朱屈輪料紙箱・硯箱
ページトップへ