文化遺産オンライン

日根野時代府内藩領図

ひねのじだいふないはんりょうず

作品概要

日根野時代府内藩領図

ひねのじだいふないはんりょうず

絵図・地図 / 江戸 / 大分県

江戸時代/17~19世紀

紙本着色

縦88.0×横158.0㎝

1幅

豊後国府内藩主日根野吉明の領地および周辺部を描いた絵図。図中に記された松平市正(杵築藩主)や筑紫主水正(旗本)などの領主の在任期間から正保2~3年(1645~46)の状況を描いたものとみられる。村々を円形で描き、主要な道を朱線で示し、一里塚を道を挟んで2つの点で表すなど、その表現方法から、正保国絵図作成のための下図、もしくはその写しと考えられる。

日根野時代府内藩領図をもっと見る

大分市歴史資料館をもっと見る

キーワード

絵図 / 府内 / / 豊後

関連作品

チェックした関連作品の検索