光厳上皇院宣 こうごんじょうこういんぜん

文書・書籍 / 室町 / 日本 

光厳上皇 (1313~1364)
こうごんじょうこう
室町時代(建武4.3.2)/1336
一紙
32.2×51.3
1
香川県高松市
参議四条隆蔭(奉)→宰相僧正御房(憲淳)
香川県立ミュージアム

後宇多上皇の院宣(安堵状)を踏まえて、建武4年(1337)に宰相僧正御坊(憲淳)宛に出されたもので、讃岐国陶保(綾川町陶)を醍醐寺報恩院領として保証し、国家の安泰を祈るように命じたもの。この後陶保は南北朝期の寺内の勢力争いの中で、報恩院領から没収されて三宝院領に移った。

作品所在地の地図

関連リンク

光厳上皇院宣チェックした作品をもとに関連する作品を探す

足利義満御判御教書
広義門院所領処分状
広義門院所領処分状

光厳上皇筆 広義門院袖書

光厳天皇宸翰御奉納心経
光厳院宸翰御奉納心経
後光厳天皇綸旨
ページトップへ