無量寺本堂 むりょうじほんどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 中部 

長野県
江戸/1810~1812
木造平屋建、茅葺(鉄板仮葺)、建築面積322㎡
1棟
長野県松本市会田岩井堂3111
登録年月日:20051110
宗教法人無量寺
登録有形文化財(建造物)

曹洞宗寺院の本堂で,南面して建つ。正面側に土間と広縁を設けた八間取平面で,屋根は寄棟造,茅葺(鉄板覆)とする。たちの高い軸組とし,出桁造で深い軒をつくる。外観は装飾が少なく簡素であるが,内陣廻りには江戸後期らしい多彩な彫物を用いている。

作品所在地の地図

関連リンク

無量寺本堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

無量寺衆寮
無量寺庫裏
徳運寺本堂
萬福寺本堂
梅翁院本堂
ページトップへ