文化遺産オンライン

博山爐

はくさんろ

作品概要

博山爐

はくさんろ

考古資料 / 奈良県

中国・前漢 紀元前3~1世紀

人形支柱

高23.0 口径7.7

1個

 前漢期には「神仙思想(しんせんしそう)」が流行し、それに関連する器物もいくつか知られている。世界の中心にそびえるとされる崑崙山(こんろんさん)を模した博山炉(はくさんろ)は、こうした神仙思想を背景に作られた香炉である。高杯(たかつき)型の器にけわしい山をかたどる蓋がはまり、中で香を焚くと、蓋の山並の間に設けられた透かし孔から、たなびく雲のように煙が漏れ出でるという趣向になっている。

坂本コレクション 中国古代青銅器. 奈良国立博物館, 2002, p.60, no.318.

博山爐をもっと見る

奈良国立博物館をもっと見る

キーワード

青銅器 / 紀元前 / 坂本 / 奈良

関連作品

チェックした関連作品の検索