Wine jar, Lei

Details

Wine jar, Lei

Archaeology / Nara

Late Yin-Early Zhou period, China, 11th-10th century BC

Bronze, Whorl pattern

H 39.2, D of mouth 17.2

1個

 両肩に両耳(りょうじ)(把手)を持ち、さらに下方に器を傾ける時に引き上げるための環を持つ罍(らい)は酒甕として実用性を重視して作られたものである。したがって、商から西周期にかけての青銅器の中でも大型であるのに、文様が単純である。当コレクション中の罍はその一例で、ほぼ全体が無文に作られ、日月の象徴ともいわれる囧文(めいもん)を肩に並べるのみである。

坂本コレクション 中国古代青銅器. 奈良国立博物館, 2002, p.35, no.83.

Search by Wine jar, Lei

Search by Nara National Museum

Keywords

紀元前 / / 青銅器 / mouth

Related Works

Search items related to work chosen