神代杉木画箱 じんだいすぎもくがはこ

その他 / 昭和以降 

中川清司 (1942~)
なかがわ きよつぐ
平成14/2002
神代杉、指物、木画
高10.8 29.8×21.8
1合
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
第49回日本伝統工芸展
国(文化庁)

木工芸の技法の種類は多く、板を組み合わせて箱などを作る指物、木塊を手作業で刳り抜いて器などを作る刳物、木材を轆轤で回転させながら刃物で削る挽物、薄板を環状に曲げる曲物などの造形技法のほか、異なる素材をはめ込む木象嵌などの装飾技法がある。
 本作品は、神代杉を素材とし、指物及び木画技法で制作された台合せ造、二段の箱である。木画には約900枚の部材が用いられており、角度によって枡形から市松文様に変化して見え、素材がもつ色彩が活かされている。ヤリガンナやセンで切削した後、木賊、砥石で研磨し、さらにいぼた蝋で拭き込み仕上げている。

作品所在地の地図

関連リンク

神代杉木画箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

神代杉木画箱
神代杉木画箱

中川清司

桑造線象嵌箱
桑造線象嵌箱

大野昭和斎

桐菱形輪花盛器
桐菱形輪花盛器

中台瑞真

欅造盛器
欅造盛器

川北良造

欅拭漆舟形盛器
ページトップへ