太刀 銘 備前国住雲次 たち びぜんのくにじゅううんじ

金工 / 鎌倉 / 日本 

日本
鎌倉時代
長69.1㎝ 反2.8㎝
一口
東京都港区南青山6-5-143
根津美術館
重要美術品

反りの堂々とした姿の良い太刀である。鍛え肌は板目がよく詰み、地沸がついて乱れ映りが立っている。刃文は直刃調に小互の目交じりで足や葉がよく入り、匂い勝ちに小沸がついている。
雲次は備前国宇甘荘に住した雲生の子である。その作には、正和4年(1315)、文保2年(1318)、建武2年(1335)の年紀銘があるが、この太刀の銘は文保2年のものに近似する。山城もののような輪反りの姿、乱れうつりが黒い地斑となって、点々とあらわれているところが、この一派の特色を示している。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘 備前国住雲次チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘備前国住雲次
太刀 銘備前国住雲次

備前国住雲次

太刀〈銘国行/〉
太刀  銘 来国俊
太刀 銘利恒
太刀〈銘備前国住人雲次/正和二二年十月日〉
ページトップへ