Wine cup, Gu

Details

Wine cup, Gu

Archaeology / Nara

Late Shang period III, China, 15th-11th century BC

Bronze, Taotie design

H 27.3, D of mouth 15.7

1個

 商代後期後半の觚(こ)の一例である。ラッパ形の口の部分には他の器と少し異なり、矢羽のようなデザインで縁どった三角形の文様(尖葉文)がつけられていて珍しい。また、中央の部分(腹部)や圏足部には通常の饕餮文(とうてつもん)とは少し異なり、下方に巻き込んだ胴体の先端に足の表現がある夔文(きもん)が飾られている。商代後期も中頃を過ぎると、マンネリ化した伝統的な文様デザインとは異なる、斬新なデザインを模索するようになったらしく、このほかにも新しいデザインがいろいろ見られるようになる。

坂本コレクション 中国古代青銅器. 奈良国立博物館, 2002, p.24, no.39.

Search by Wine cup, Gu

Search by Nara National Museum

Keywords

/ 紀元前 / 饕餮 / 饕餐

Related Works

Search items related to work chosen