鉄絵染付大根文茶碗 てつえそめつけだいこんもんちゃわん

その他の画像全5枚中5枚表示

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

尾形乾山 (1663-1743年)
おがたけんざん
江戸時代中期/18世紀初
陶器 筒形、左巻き
高8.2cm 口径11.4cm 高台径5.9cm
1口
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

胴と見込み一面に大根模様を描く。まず大根を白の硝土で描き、呉須で輪郭を取る。葉は呉須絵の部分と錆絵の部分とがある。最後に透明釉をかける。高台脇に落款「乾山(花押)」。花押によると鳴滝時代(1699-1712)のもので、乾山としては早い時代のもの。

作品所在地の地図

関連リンク

鉄絵染付大根文茶碗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付大根文変形小皿
志野茶碗
色絵杏葉紋入梅樹文平碗
銹藍金絵絵替皿〈尾形乾山作/〉
乾山色絵竜田川図向付
ページトップへ