蟠螭文鑑 ばんちもんかん

その他の画像全2枚中2枚表示

金属製品類 / 春秋時代 / 中国 

中国
春秋時代
青銅
高29.7㎝ 口径59.8㎝
一個
東京都港区南青山6-5-70
根津美術館
重要美術品

口縁が鍔状に平らになった大きな鉢で、頸の部分がくびれてわずかに肩が付き、丸みのある高台が付く。首から肩に獣面を象った二つの大きな鐶耳が付き、これに薄い遊環をはめている。器の外側には絡縄状の凸帯を二本まわし、これで胴部を三段にわけ、それぞれに浅い彫りの有舌蟠螭文を絡むように施してある。これと同じ作行きで双器であったと思われる鑑が、シカゴ美術館に蔵されている。鑑はもともと水入用であるが、別に浴用に使われたり、氷を容れて冷蔵の容器として使われたともみられている。

作品所在地の地図

関連リンク

蟠螭文鑑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

雲文鑑
罍

饕餮文尊 
蟠螭文鼎
饕餮文方罍 
ページトップへ