駒形神社本殿 こまがたじんじゃほんでん

その他の画像全3枚中3枚表示

建造物 / 関東 

茨城県
江戸中期/1781年
一間社流造り
柱間(縦215cm×横220cm)壁面(縦160cm×横175cm)
1棟
茨城県那珂市南酒出44
那珂市指定
指定年月日:20120217
有形文化財(建造物)

武士が登場する2面の中で、武将部分が削り取られ破損している。これは、昭和20年の敗戦により、進駐軍(GHQ)の神道指令をはじめ軍国主義的要素を排除する命令を受けて、この部分も該当するのではないかと思った神社関係者によってなされたのである。彫刻部分に一部損壊はあるが、その起因も歴史的事実として重要である。なお、彫刻師嶋村好寛は江戸初期に現れた彫工の祖嶋村俊元の流れを組む常陸府中嶋村伊三郎の系統と思われる。現在のところ、社殿に彫刻が施された例は市内には見出されていない。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

駒形神社本殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松尾神社本殿
笠間稲荷神社本殿
大矢田神社 本殿
厳島神社本殿
諏訪神社本殿
ページトップへ