裁断橋擬宝珠 さいだんばしぎぼし

工芸  金工 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期/元和八年(1622)
径35.5cm 高70.5cm
4基のうち
名古屋市指定文化財

豊臣秀吉の北条氏攻め(小田原の陣)に参陣した堀尾金助は陣中で病死し、十八歳の若さで帰らぬ人となった。残された母は彼の33回忌の供養に、彼を見送った熱田の精進川にかかる裁断橋の改修を思い立ち、亡き息子への思いをその擬宝珠[ギボシ]に刻んだ。この銘文を見た方はどうぞ念仏を唱えてやって下さい、との言葉が胸を打つ。

作品所在地の地図

関連リンク

裁断橋擬宝珠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一行書 釈迦名号
一行書 釈迦名号

豊臣 秀頼

大阪城 塀(大手門北方塀)
大阪城 金蔵
大阪城 塀(大手門南方塀)
木造馬頭観音および熱田大明神・天照皇太神立像(附 千体仏)
ページトップへ