紺地岩波鯉文様繍箔 こんじいわなみこいもんようぬいはく

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 / 日本 

日本
江戸時代/19世紀
丈144.5 裄63.5
1領
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
国 (文化庁)

濃紺の地を川水に見立て、流れる水をぬって泳ぐ鯉、波、岩、水草が刺繍で表される。激しく落下する滝を登ることが出来た鯉は龍に化すという中国の古事から、鯉は立身出世を表す。また、身を捩り勢いよく波間に跳ねる姿が、男子の衣服の文様として好まれた。

関連リンク

紺地岩波鯉文様繍箔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

胴箔腰明木瓜格子文様繍箔
白地丸紋尽文様繍箔
鼠茶地鶴菱沢潟菱文様厚板唐織
萌黄地秋草に柴垣・黒地霞に蒲公英文様段替繍箔
紅黒萌黄段秋草枝折戸文様唐織
ページトップへ