白地丸紋尽文様繍箔 しろじまるもんつくしもんようぬいはく

その他の画像全2枚中2枚表示

染織 / 江戸 / 日本 

日本
江戸時代/17世紀
丈139.0 裄64.0
1領
京都国立博物館 京都府京都市東山区茶屋町527
国 (文化庁)

白地に刺繍による様々な種類の丸紋が不規則に散らされた繍箔。丸紋は12種類あり、各紋の隙間には金箔が施される。華やかな印象を与えるが、能装束では鬼女や蛇体などの役柄に用いられる。

関連リンク

白地丸紋尽文様繍箔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤黒段桔梗文様唐織
胴箔腰明木瓜格子文様繍箔
紺地岩波鯉文様繍箔
萌黄地秋草に柴垣・黒地霞に蒲公英文様段替繍箔
能装束〈白地桐竹鳳凰桜芦文繍箔肩裾/〉
ページトップへ