大原幽学関係資料 おおはらゆうがくかんけいしりょう

その他の画像全3枚中3枚表示

歴史資料 / 江戸 / 関東 

千葉県
江戸
407点
大原幽学記念館 千葉県旭市長部345-2
重文指定年月日:19910621
国宝指定年月日:
登録年月日:
旭市
国宝・重要文化財(美術品)

大原幽学(一七九七-一八五八)は幕末の下総東部地方において農民の教化と農村改革運動を指導し、大きな事績を残した。前半生の経歴は明らかでなく、各地を遍歴していたらしい。天保十三年(一八四二)に香取郡長部村(現干潟町)に定住した。天保四年頃から独自の実践道徳である性【せい】(理【り】)学【がく】の教説活動を始め、弟子として入門する者が次第に増えた。門人達は道友と呼ばれ、性学学習用の施設である改心楼や教導所が作られ、そこで会合や教説が行われた。
 一方、関東農村は天保二年から八年にかけての飢饉で疲弊しており、幽学は性学道友の農民を指導し、農村の復興を図り、農民が共同の力で自活できるように各種の仕法を行って成果をあげた。しかし急激な性学運動の発展と、農民が村を越え領主を越えて労働と学習を共にすることは幕府の怪しむところとなり、幽学は、幕府で七年間取り調べられた末、安政四年(一八五七)に一〇〇日の押し込めの刑を受け、失意のうちに翌五年三月自殺した。
 今回指定した大原幽学関係資料は、幽学没後、性学運動を継承した財団法人八石性理学会から、昭和六十一年に干潟町に寄贈された資料のうち四〇七点である。その内容は(一)著述稿本類、(二)性学教導并仕法関係文書、記録類、(三)日記、(四)書状、(五)遺品類に大別される。
 (一)は「性学微味」「性学幽玄考」等幽学の思想を体系的に叙述したものである。
 (二)は性学組織の活動に関する主要な資料である。教導関係のものとしては道友の幽学に対する入門誓約書である神文【しんもん】、道友の規範となる書・短文である規矩【きく…

作品所在地の地図

関連リンク

大原幽学関係資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大原幽学遺跡<BR/> 旧宅、墓および宅地耕地地割
革嶋家文書(二千四百五十九通)
建築教育資料(京都帝国大学工学部建築学教室旧蔵)
竪削盤〈/一八五六年、オランダ製〉
本居宣長稿本類並関係資料 千九百四十九点
ページトップへ