中阿含経 巻第九(善光朱印経) ちゅうあごんきょう かんだい9(ぜんこうしゅいんきょう)

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 奈良県 

奈良時代 8世紀/天平宝字3 759
紙本 楮紙 墨書 巻子 墨界(巾2.3㎝)
縦27.4 長1190.0 24紙(本紙のみ 7紙欠失 一紙巾50.4㎝ 一紙21行)
1巻
海龍王寺(奈良)伝来、椿堂熊吉旧蔵
重要文化財

 巻尾に「善光」の朱印が捺されているところから「善光朱印経」と呼ばれている一群の経巻のうちの1巻。「善光朱印経」は名筆ぞろいで、奈良時代後期を代表する写経として知られており、その遺品は現在約30巻が知られている。巻尾に勘経(原本校正)年月日、書写年月日、書写した写経生や校正(三校まで)の担当者の名、装幀の担当者の名、紙数などを記した詳しい奥書をもつのが特徴である。
 「善光朱印経」については不明な点が多いが、法華寺の寺主である尼善光が企画した一切経書写事業の遺品ではないかと考えられている。この書写事業は天平勝宝7歳(755)頃から始められ、天平宝字3年(759)12月まで続いたことが知られるが、その後のことはわからない。
 本巻は写経生の一難宝郎が天平宝字3年(759)9月27日に書写したもので、目の覚めるような筆力の冴えを見せており、奈良朝写経の出色の名品として名高い。一難宝郎は摂津国百済郡の人で、百済からの渡来人の子孫だと思われる。本巻を書写した時には39歳であった。

奈良国立博物館の名宝─一世紀の軌跡. 奈良国立博物館, 1997, p.301, no.107.

作品所在地の地図

関連リンク

中阿含経 巻第九(善光朱印経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿闍世王経 巻下(五月一日経)
持心梵天経巻第四(光明皇后御願経・五月一日経重跋本)
華厳経 巻第七十
大般若経 巻第九十六(魚養経)
小品般若波羅蜜経巻第九(光明皇后御願経・五月一日経)
ページトップへ