古筆手鑑 こひつてかがみ

その他の画像全9枚中9枚表示

その他の美術   / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代
紙本墨書 折本装
竪40.3cm 横33.8cm
2帖
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

聖武天皇・光明皇后に始まり、天皇、公卿、歌道家などによる古筆切が貼り合わせられる。成立期は不明であるが、江戸初期までの筆蹟を集めており、同じく鍋島家伝来の手鑑「蛇鳥叢林」よりも内容は古い。連歌師の多いのが特徴といえ、連歌好きの人が集めたものかと考えられる。比較的時代が下る人物としては八宮良純法親王(?~1669)や日野弘資(1617~87)がある。

作品所在地の地図

関連リンク

古筆手鑑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

手鑑「蛇鳥叢林」
鍋島直正公御実歴一百図
五十首和歌并に飛鳥井雅豊卿追詠
徴古館開館式式辞
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話
鍋島直正公(閑叟公)実歴百話

西村謙三著、肥前史談会発行

ページトップへ